ライオン堂は石川県加賀市 アビオシティ加賀1F、宝石とメガネと補聴器の販売・修理専門店です。

ライオン堂:メガネ

 

レンズ

レンズ選び。

レンズは多様化した現代の視生活に合わせて日々進化しています。

特に現代社会は目からの情報収集比率は高く、しかも瞬時に情報を読み取る必要性もあります。
日常生活はもちろん、仕事・スポーツ・趣味・ドライブ・・・etc。ライフスタイルに合わせた機能的な設計レンズを選ぶ事がポイントです。

当店はお客様のパートナーとして見え方やそのニーズに合わせたレンズ選びをご提案致しております。
視力チェックは無論ですが、特に三次元空間「3D」の認識力や両眼バランスなど大切なチェックも無料サービスさせて頂いております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

当店おすすめ 多機能レンズ

REMARK

「REMARK」という名のレンズ(HOYA)

10代~40代の若い方に大好評です。
パソコン・勉強・読書・ケイタイ・デスクワーク・・・etc。
長時間の近方視で眼を酷使しやすい方に最適です。

ファンクションエリアとは?

ファンクションエリアとは?

近くを見る事を快適にするため、度数が少しづつ変化し、近方視時にかかる余分な調節力を和らげて眼精疲労を緩和させる効果もあります。

40歳からの大人のメガネ

人の眼は調節によって遠くも近くも中間もスムーズに見えて40歳前後ぐらいまでは何の問題も無く視点移動が出来ます。

しかし、40歳を過ぎてからは調節力の関係で視点移動がスムーズにいかなくなりやすく、特に近くを見るしぐさに変化が出てきます。

40歳を過ぎてからの見るしぐさ

40歳を過ぎてからの見るしぐさ

40歳を過ぎてからの見るしぐさ

当店では観るしぐさマイナス10歳を目指したメガネのご提案をさせて頂きます。

遠近両用レンズ

遠近両用メガネを快適に掛けこなすための使い方・見方。

遠近両用メガネレンズのメリットは遠くがしっかり見える事。
しかし、デスクワークには少し窮屈に感じます。

メガネレンズのタイプ【遠近両用レンズ】よく見える範囲メガネレンズと目の位置関係

遠近両用メガネレンズは年齢や屈折状態、そしてライフスタイルに合わせた設計のレンズを選ぶ事も大切です。

遠近両用メガネレンズは魔法のメガネレンズではありません。
上記のレイアウトの通り、それぞれの距離に合わせて見方があります。
また、体格や見るクセ(姿勢)やフレームの形状などによって作り方やレンズ設計が変わります。

ライフスタイルに合わせたレンズ

ライフスタイルに合わせたレンズ

ライフスタイルに合わせたレンズ

是非、色々なタイプのテストレンズをご試用頂き、最適なレンズをお選び下さい。

昼近両用メガネ(室内専用)

特徴は近用部を主にしながら、手元(約35cm前後)~テレビなど(2~3m)ぐらいを見る視線移動に最適。

見え方による比較

テレビ鑑賞(40cm-3m)

デスクワーク(近用)メガネ

50歳前後になると近く(30cm~60cm)の作業などは調節力の関係で人によってはとても負担に感じ、無理してみると眼精疲労の原因にもなります。

一般には読書・執筆・新聞は30cm~40cm前後。パソコンなどは50cm~60cm前後と同じ近くでも視線移動は多様化しています。

近用単焦点レンズ

近用単焦点レンズ

レクチュール(A)(B)近近用レンズ

レクチュール(A)(B)近近用レンズ

 


 

 

メガネ

月別アーカイブ

 

 

ライオン堂スタッフブログ

ライオン堂メガネ

ライオン堂ジェリー

ライオン堂補聴器

 

 

営業カレンダー